等価交換方式を利用してアパート建築費をゼロに

アパート経営に関して調べてみた

その考えの中にはアパート建築費のことは全くなく、アパートがある前提で色々なことを考えていましたので、現実的にアパートを建築するとなった場合、どのくらいの費用がかかるのだろうか、調べてみました。
大きさや設備のグレードなどに応じてかなりの金額が必要になる、これはある程度わかっていましたが現実的にアパート建築費を出せる状態ではありませんでしたので融資を検討して見たのです。
自分の年収や家賃収益などを考えると、それほど大きな額を借り入れすることは難しかったため不動産投資は自分には無理かもしれない、そのように考えているときに見つけたのが等価交換方式でした。
等価交換方式は、建築を行うディベロッパーに土地の所有権を移して、建築費ゼロで建造物を作るやり方です。
これならアパート建築費がなくても土地だけを差し出せば良いわけです。
ただ、所有権をディベロッパーに移した場合、権利だけを取られてしまうのではないか、このような不安も生じました。
等価交換方式には部分的な所有権だけを移して建築を始めるプラン、最初からすべての権利を移して建築するプランの2つがあるようです。

空地の売却を検討したが・・・アパート経営に関して調べてみた不動産投資が無事スタート