等価交換方式を利用してアパート建築費をゼロに

不動産投資が無事スタート

空地の売却を検討したが・・・アパート経営に関して調べてみた不動産投資が無事スタート

いずれのプランも、最後はアパートの1部屋を自らの所有権にして投資に活用したり住まいにすることもできるようですが、土地そのものは手元には残らないので抵抗も感じました。
ディベロッパーとなる会社をネットで色々調べていたら、数多くの等価交換方式でアパートやマンション、テナントビルなどを手掛けている会社を見つけました。
その会社は、最初に土地の権利を半分だけ譲渡するスタイルになっているようで、残りの権利はアパートなどの建造物が完成した時点で移すスタイルです。
これなら完成したものを手に入れてから権利を移せるので安心ですし、完成後には2部屋を所有できるなどの魅力に惹かれました。
最初は売却を考えていたわけですが、そのときお世話になった不動産会社は賃貸管理や仲介も行っていましたので、こちらの会社を利用して部屋を借りたい人を探して貰うことにしました。
賃貸管理では、家賃滞納や入居者同士のトラブルなど様々な対応も行ってくれるようです。
自宅からは少々離れた場所にある土地ですから、賃貸管理をしっかり行ってくれる会社があれば安心ですし、地元では結構大きな不動産会社でしたのでこちらとしても安心感があります。
管理費用などの支払いはあるけれども、アパート建築費がゼロでオーナーになることができたので家賃収益から管理費用を払えばお釣りが来る、新築の物件ですし駅から近い部屋などからもすぐに入居者が決まり不動産投資をスタートさせることができました。